EQUIPMENTEQUIPMENT

STRUCTURE 家族の暮らしを守るための安心・安全性能。

STRUCTURE建物への細やかな目が、安らぎを生み出す基礎構造。

鋼管コンクリート拡底杭

建物を支える杭はコンクリート杭を採用。杭の底部は直径を広げ抵抗力を高めた拡底とし、杭上部は鋼管を巻き、強度の向上を計っています。

コンクリートかぶり厚

年月経過により進むコンクリートの中性化と鉄筋のサビによるコンクリートの腐食やひび割れを防ぐため、コンクリートかぶり厚を30mm以上を確保。鉄筋コンクリートの劣化軽減を図ります。

高い強度のコンクリート

主要構造部には、設計基準強度(Fc)30N/m㎡のコンクリートを採用。1㎡あたり約3,000tの圧縮に耐える強さを持つコンクリートです。
※杭・付属棟・外構・1階テラス床等を除く。
※コンクリート自体の圧縮強度であり、床に乗せられる重さではありません。

溶接閉鎖形筋

主筋を囲むように巻き付ける柱の帯筋を1本ずつ溶接した溶接閉鎖形筋を使用。コンクリートの拘束力を高め、地震などで主筋が折れ曲がり柱が崩壊することを抑止します。
※基礎部分・柱・梁仕口、付属棟を除く。床に乗せられる重さではありません。

ダブル配筋

住戸間の壁や角住戸の外壁(一部)は、鉄筋を二重に組み上げたダブル配筋を採用。鉄筋を格子状に組むことで、高い強度と耐久性を実現しています。

外壁・隣戸間壁構造

屋外と屋内を隔てる外壁はコンクリート壁または、軽量気泡コンクリートパネル(ALC板)とし耐久性と賢守性を高めました。また各住戸の隣戸間コンクリート壁は厚さ約180mmを確保し、遮音性と耐久性を高めています。

天井・床構造

住戸の天井は将来のリフォームや配管のメンテナンスなどが容易な二重天井構造を採用。床はコンクリート上にレベル調整材を敷設し、仕上げ材を施す直床構造。約200~230mmのコンクリート厚を確保した上に、遮音性の高い△LL(I)-4等級のフローリングを採用しています。

排水管の防火防音対策

居室に接する共用排水竪管(PS部分)には床の貫通部に振動絶縁効果のある、防火防音材を巻き込んだ防火防音措置工法を採用し、音の伝播を軽減しています。排水管を伝わる排水による管振動を直接床コンクリートに伝えないことで、排水音の低減を図っています。
※基本プランにおいて居室に面するPSに対応しております。

国指定の機関が認定する「住宅性能表示制度」を採用。

国土交通大臣に指定された第三者機関が客観的に住宅設計を評価する「設計住宅性能評価書」取得しています。また、施工・竣工の各段階でも審査を受ける「建設住宅性能評価書」も取得予定です。

劣化対策等級3

今やマンションは将来の住み替えを考えずに、永住する志向が強まってきています。そこで永住に耐える構造体の耐久性を高めた設計としました。建物そのものを構成する「コンクリート」の劣化対策を入念に計画し、住宅性能表示の劣化対策等級におけるランク「3」を取得しています。
※付属棟を除く。

SAFETY災害時にも即座に対応できるよう、様々な防災対策を施しています。

東レ・トレスキュー(災害対策用小型造水機)

非常時に1日4,000人分の水を確保できる災害対策用の小型造水機“東レ・トレスキュー”を設置しています。
※“東レ・トレスキュー”で造水できる飲料水量…1日で12,000L(1日で1人が必要な水の量は約3L)

かまどスツール

平常時はスツールとして、災害時は中から取り出して、炊き出し用かまどとして使用できます。

非常用トイレ

災害時に電気や水道が止まった場合、汚水桝に簡易設置できる非常用トイレを防災倉庫に準備しました。

防災倉庫

災害時の備えとして、各種防災備品を常備した防災倉庫を設置しています。

管制装置付エレベーター

エレベーター運転時に強い地震を感知した場合、管制装置が作動し、最寄りの階に非常停止しドアを開きます。

対震ドア枠

ドアとドア枠の間に適切な隙間を設け、万一地震でドア枠が歪んでもドアが開けやすく避難路を確保することが可能です。

※各種設備やサービスの詳細は担当者にお問い合わせください。
※掲載の写真は、モデルルーム(B18タイプ)を撮影(平成27年4月)したもので、家具・調度品・オプション等、価格に含まれないものも撮影されています。また、形状・仕上げ等が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

お問い合せは
「グランメディオ新三郷」現地インフォメーションセンター
営業時間/土・日曜日・祝日:10~18時 平日:11~18時
定休日/毎週水曜日・木曜日(祝日除く)

フリーダイヤル

フリーダイヤル